OSAKA PROJECT

大阪における大規模プロジェクト ~2025年

大阪から日本を元気にする!
人口約900万人、伝統文化と現在的な暮らしがブレンドされ、今後の発展がますます期待される大阪。

歴史的に経済と文化の中心であった大阪には、ユネスコ無形文化遺産にもなっている「文楽」や「大阪城」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」、世界最大級の大きさを誇る水族館「海遊館」など、たくさんの伝統的・現代的な観光名所があります。
また、大阪は同じ関西にある京都や奈良、神戸や和歌山などにある世界遺産に簡単にアクセスできることが魅力となり、
観光客は平成29年に始めて1000万人を突破しました。

そんな大阪は、大規模開発が着々と進んでいます。

2023年 
中之島開発プロジェクト
更地になっていた中之島4丁目エリアの大阪大学医学部跡地に、病院やリエゾンオフィス、カンファレンスセンターなどからなる医療系複合施設「中之島4丁目用地における未来医療国際拠点整備・運営事業」の開発計画が進んでいます。
隣接地には大規模な美術館(中之島美術館)が2022年2月2日に先駆けてオープンしました。
新しい建物が並ぶ中之島エリアに注目が集まっています。

▶ (画像出典元)大阪市役所
2024年 
りんくうタウン再開発
りんくうタウンは関西国際空港の対岸に位置する再開発エリアです。
バブル期にはオフィス・ホテル・商業施設などの用途の超高層ビルが多く計画されておりましたが、バブル崩壊の影響を受け頓挫しました。
しかし近年関西国際空港はインバウンド観光客が利用する空港として人気が増してきており、りんくうタウンではホテルや観光施設開発が進んでいます。
りんくうタウン駅から南側にやや離れた敷地で、国際観光に資する施設とMICE施設が入るツインタワーの複合ビルを建設する計画で、規模はホテル棟が地上32階建て、客室数315室、住宅棟が地上38階建て、MICE棟が地上5階建て、高さ148m、総延床面積約132,000㎡、2024年の開業を目指している。りんくうタウン再開発計画にも注目が集まっています。

▶ (画像引用元)Setia Osaka Integrated https://www.ttgroup.com.my/architect/projects/setia-osaka-integrated
2025年 
大阪万博
※写真はイメージです
日本政府が大阪誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催国を決めるBIE博覧会国際事務局の総会が2018年11月23日にパリで開かれ、加盟国による投票の結果、日本(大阪)がロシア(エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(バクー)を破り、開催国に選ばれました!
国内開催の大規模万博は1970年大阪万博、2005年愛知万博(愛・地球博)に続き3回目で、大阪では55年ぶりの開催となります。

開催期間:2025年4月13日(日)~10月13日(月)184日間
開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま)
想定来場者数:約2,800万人
参加国:150カ国(見込み)
経済波及効果(試算値):約2兆円

(出典)経済産業省 2025日本万国博覧会基本構想案
▶ (画像出典元)2025日本万国博覧会誘致委員会
2020年代後半 
大阪IR構想
※写真はイメージです
大阪府と大阪市は2019年2月12日に、大阪ベイエリアの夢洲に誘致を目指すカジノを含む大阪IR(統合型リゾート施設)の基本構想案を明らかにしました。
2021年9月28日の発表によると、米国の大手IR運営グループ「MGMリゾーツ・インターナショナル」と国内大手企業「オリックス株式会社」の共同による計画が、大阪府・市のIR施設の設置運営事業予定者に選定されたことが明らかになり、MGMとオリックスによる大阪夢洲IR計画は、初期投資額1兆800億円と、国内最大級の不動産開発となる見込みで、年間来場者数は国内外から2,050万人を見込んでいます。
開業後の近畿圏への経済波及効果は年間7600億円、雇用創出効果は8万8千人と推定し、府市の歳入は年間850億円増加する見込みです。

(出典)大阪IR基本構想(案)より
▶ (画像出典元)MGM Resorts International