MANSION MANAGEMENT

生命保険

マンション経営は生命保険の代わりといって過言ではありません

ローン契約時に加入する団体信用生命保険で、万が一の場合にはローン残債は保険金で一括返済されるため、ご家族にはローン残債のないマンションが残され、安心して暮らすための保障として有効です。
一般の生命保険(定期付終身保険)は保険料の支払いが家計の負担になります。しかも、人が60歳まで生存する確率は95%以上といわれますが、60 歳まで支払う保険料はほとんどが掛け捨てになり、生命保険文化センターの調査によれば1世帯あたりの保険料は平均で年間40万円以上と言われています。
つまり、一生涯で1,000 万円~1,500 万円の保険料を支払っているという計算です。

生命保険代わり!! 団体信用生命保険

【 ■ 物件価格 1,900万円(頭金10万円) ■ ローン借入金 1,890万円(35年ローン) ■ 家賃 71,000円(想定値) 】

メリット1 私的年金

保険料は月々の支払いの中に含まれ、完済後は家賃収入が私的年金の代わりになる。

メリット2 遺族年金

万が一のときには家賃収入が遺族年金の代わりになる。

メリット3 死亡保険

万が一のとき(死亡・高度障害)にはローン残債がないマンションが実物資産として残る。
売却して現金化することも可能。

1,900万円の死亡保険、
1,900万円マンションの比較

※物件価格1,900万円(頭金10万円) ローン借入金1,890万円(35年ローン) ローン金利1.975%にて試算。
※上記収支計算表に節税額は含んでおりません。

マンション経営を生命保険として考えると

例:44歳男性の場合

※ シミュレーションには、金利変動、空室・家賃の増減等を含んでおりません。また、将来的な投資結果をお約束するというものではございません。