MANSION MANAGEMENT
生命保険
生命保険としてのマンション経営
メリット1
団体信用生命保険とは
住宅ローンを利用してマンションを購入された場合、ローン残債に連動し団体信用生命保険に加入します。
返済途中に万が一のことがあった場合、ローン残債は保険金で一括返済されるため、ご家族にはローン残債のないマンションが残されます。
団体信用生命保険のしくみ


・保険料は月々の支払いの中に含まれている
・完済後は個人年金になる
・万が一のとき(死亡・高度障害)には保険によりローン完済
メリット2
生命保険との比較
万が一に備え、生命保険として多くの方が利用されています。
団体信用生命保険の適用によりご家族には売却による一時金(終身保険)もしくは、物件を所有することによる永続的な家賃収入を受け取ることができます。
また、団体信用生命保険の掛け金は金利に含まれるので、別途負担はなく通常の生命保険のような加入年齢による掛け金の違いや、更新による支払額の増加、保険会社の破綻や経営悪化による保証金の削減・見直しはありません。
生命保険代わり!! 団体信用生命保険
【 ■ 物件価格 1,900万円(頭金10万円) ■ ローン借入金 1,890万円(35年ローン) ■ 家賃 71,000円(想定値) 】



1,900万円の死亡保険、
1,900万円マンションの比較
※物件価格1,900万円(頭金10万円) ローン借入金1,890万円(35年ローン) ローン金利1.975%にて試算。
※上記収支計算表に節税額は含んでおりません。
マンション経営を生命保険として考えると
例:44歳男性の場合



※ シミュレーションには、金利変動、空室・家賃の増減等を含んでおりません。また、将来的な投資結果をお約束するというものではございません。
Copyright © 2017 ForRealize Co.,Ltd. All Rights Reserved.